泉鏡花『龍潭譚』現代語訳④おう魔が時

泉鏡花神隠し譚、『龍潭譚(りゅうたんだん)』の現代語訳(言文一致体)を個人的に試みた記事です。

各章ごとの記事になっています。今回は第4章。第3章はこちら

原文は書籍のほか、泉鏡花『龍潭譚』(青空文庫)からも読めます。

 

※この記事では、より読みやすくするために、訳のほか、改行位置なども変えています。 

 

4章 おう魔が時

f:id:kimigata:20190608065651j:plain

僕が思った通り、堂の前を左にまわって少し行ったつきあたりに、小さな稲荷の社があった。青い旗、白い旗が二、三本前に立って、社の後ろはすぐに山の雑樹が斜めに生えて、社の上を覆っている。その下のおぐらき処、穴のようにぽっかりとあいた場所にそっとめくばせした。瞳は水のしたたるばかり斜《ななめ》にわが顔を見て動けるほどに、あきらかにその心ぞ読まれたる。


それならばと少しもためらわず、つかつかと社の裏をのぞき込んだ。鼻をうつような冷たい風が吹く。落葉、朽葉がうず高く積み上がっている。湿った土のにおいがするだけで、人の気配はない。

襟もとがひんやりとした心地になって、僕は振り返って女性のほうを見た。またたくまかと思うに、あのうつくしい女の人はいなくなっていた。どこに行ってしまったのだろうか、境内はさっきよりも暗い。恐怖に身の毛がよだち、思わず「わあっ」と叫んだ。

 

「人の顔がはっきりしない夕方に、暗い隅のほうへ行ってはだめよ。たそがれの片隅には、人ならざる怪しいものがいて、人を惑わすから」と姉さんが教えてくれたことがあった。僕は呆然と目を見開いた。足を動かそうにも動かず、硬直して立ちすくむ。

僕の左側には坂がある。穴のように、その底から風が吹き出づると思う黒暗々たる坂の下から、ものののぼるようなれば、ここにあらば捕えられむと恐しく、とこうの思慮もなさで社の裏の狭い場所に逃げ込んだ。目をふさぎ、息をころしてひそんでいると、四つ足の何かが歩るけはいがして、社の前を横ぎっていった。


僕は、四つ足の何かに人心地もあらで見つからないようにとひたすら手足を縮こませた。それでも、さっきの女の人のうつくしい顔、優い眼差しを忘れない。ここを僕に教えたのは、今にして思えば、隠れている子の居場所ではなくて、何か恐ろしいものが僕を捕えようとしているのを、ここに隠れて助かりなさい、と導いたからではないか、はかなきことを考える。しばらくして小提灯《こぢょうちん》の火影《ほかげ》あかきが坂の下から、駆け足でのぼってきて向こうに走っていく人影を見た。ほどなくして引き返してくる。この人の気配が僕が隠れている社の前に近づいた時は、一人ではなく二、三人が一緒に来た感じがした。さらに別の足音が坂からのぼってきて、合流した。
「おいおい、まだ見つからないのか」
「ふしぎだな、なんでもこの辺で見たという奴がいるんだが」
と後に言ったのは、僕の家に仕えている下男の声に似ていた。慌てて出ていこうとしたけど、もしや恐ろしいものが僕をだまして、おびき出してやろうとしているのかも、と恐ろしさが増した。
「もう一度念のためだ、田んぼのほうをまわって見てみよう。お前も頼む」
「それでは」と言って、社の前の人たちは上下にばらばらと分かれて去っていった。
また、あたりがシンとする。そっと身うごきして、足をのばし、社の板目に手をかけて、極力目だけをのぞかせるように顔を少しだけだして、あたりをうかがう。何もおかしなことはなくて、少しホッとした。怪しいものたちは、何とてやはわれをみいだし得む、馬鹿だなあ、と冷かに笑ったところ、思いがけず、誰かしらの驚く声がして、あわてふためき逃げる。驚いてまた隠れた。
「ちさと、ちさと」と坂の下あたりで、かなしげに僕を呼んでいるのは、姉さんの声だった。

 

 第5章はこちら