泉鏡花『龍潭譚』現代語訳⑤大沼

泉鏡花神隠し譚、『龍潭譚(りゅうたんだん)』の現代語訳(言文一致体)を個人的に試みた記事です。

各章ごとの記事になっています。今回は第5章。第4章はこちら

原文は書籍のほか、泉鏡花『龍潭譚』(青空文庫)からも読めます。

 

※この記事では、より読みやすくするために、訳のほか、改行位置なども変えています。 

 

5章 大沼

f:id:kimigata:20190608065543j:plain


「ちさと、まだ見つからないって。私あどうしよう、じいや」
「根ッから居さっしゃらぬことはござりますまいが、日は暮れます。なんせ、御心配なことでございますな。お前様、遊びに出す時に、帯の結びめをとんとたたいてさしあげれば良かったのに」
「ああ、いつもはそうして出してやるのだけれど、きょうはあの子、私にかくれてそッと出て行ったんじゃないかねえ」
「それは残念なことだ。帯の結びめさえ叩いときゃ、何がそれで姉様なり、母様なりの魂が入るもんで、魔(えて)の野郎はどうすることもできねえから」


「そうねえ」とものかなしげに語りながら、二人は社の前をよこぎっていった。
走って出ていったけど、少し遅かった。こうなると、僕はさっき社の前で声を聞いた姉さんのことまで怪しく思えてくる。
後悔してもどうにもならず、向こうの境内の鳥居のあたりまで追いかけたけれど、もう姉さんの姿は見えなかった。


涙ぐみながらたたずんでいると、ふと目をやった銀杏の木のくらき夜の空に、大《おおい》なる円き影して茂れる下に、女の人の後ろ姿が見えて、わが眼《まなこ》を遮りたり。
あまりよく似ていたから、姉さん、と呼ぼうとしたけど、もし良くないものに声をかけて、下手に僕がここにいることを知られたら。拙《つたな》きわざなればと思いてやみぬ。
とばかりありて、その姿がまたかくれ去りつ。見えなくなるとなおのこと恋しくて、たとえ恐ろしいものだとしても、仮にも僕の優しい姉さんの姿に化けているなら、僕を捕えてむごからむや。さきなるはさもなくて、いま幻に見えたるがまことその人なりけむもわかざるを、何とて声をかければいいかと、打泣きしが、かいもあらず。
あわれさまざまのものの怪しきは、すべて僕の目のいかにかせし作用なるべし。それなら、僕の目は今涙でくもっているかも。術《すべ》こそありけれ、向こうの御手洗《みたらし》にて清めてみばやと寄りぬ。
煤けた行燈の横長きが一つ上にかかりて、ほととぎすの画《え》と句など書いたり、灯をともしたるに、水はよく澄みて、青き苔むしたる石鉢の底もあきらかなり。手で水をすくおうとうつむいた時、思いかけず見えた僕の顔は、そもそもいかなるものぞ。覚えず叫びしが心を籠めて、気を鎮めて、両の眼《まなこ》を拭《ぬぐ》い拭い、水に臨む。
われにもあらでまたとは見るに忍びぬを、いかでわれかかるべき、必ず心の迷えるならむ、今こそ、今こそとわななきながら見直したる、肩をとらえて声ふるわし、
「ああ、ああ、千里。ええ、もう、お前は」と姉さんが言うのを、すがりつかまくみかえりたる。でも姉さんは僕の顔を見ると、
「あれ!」
と言って一歩後ずさりして、「違ってたよ、坊や」とだけ言いすてるとすぐに走って去ってしまった。
 怪しき神はいろんな方法で僕をいじめてくる、とあまりのことに腹立たしく、あしずりして泣きに泣きつつ、一生懸命姉さんを追いかけた。捕えて何をされるとせし、そは僕はわからない。ただものの口惜しければ、とにかくもならばとてなむ。
坂を下りたり上ったり、大路《おおみち》と覚しき町にも出でたり、暗い小道も辿《たど》りたり、野もよこぎった。畦(あぜ)も越えた。後ろも見ずに、ひたすら走った。
道いかばかりなりけむ、漫々たる水面が闇の中に銀河のごとく横たわって、黒く、恐しい森が四方をかこんでいた。大沼に思えたけど、行く手をふさぐようにしげった蘆(あし)の葉の中に僕は倒れこむ。そのまま、僕は意識を失った。

 

第6章はこちら